有頂天になれることがありますか?

有頂天という言葉は、戒めや良くない例えに使われる事が多いかと思います。
嬉しくなり、有頂天になることはありませんか。
私は「有頂天」は戒めだけではなく、喜びや嬉しさ、楽しいの最高潮の表現だと考えております。

私事ですが、我が家の家族はジム通いを始めて数年になります。
今まで持ち上げることが出来なかった重量を持つことが出来た。ヨガのポーズが綺麗にできるようになった。等、ほんのちょっとした達成感で気分がウキウキすることが沢山ありました。そのウキウキを家に持ち帰り家族と共有することで会話が増え、家族間の笑顔が増えるようになったことで日常生活が楽しくなりました。
日常生活ではネガティブな要素が沢山あります。人それぞれ感じ方は違うのでしょうが、そのネガティブな要素に対し、見方を換えポジティブな方向へと変換することができるようになり、日常生活も楽しくなり、人生辛いことも多いが、楽しいと思えるようになりました。
そんな頃、コロナ禍になり世の中が大きく変化し、ネガティブな情報ばかりが耳に入るようになりました。中でも個人的に衝撃を受けたのは、自傷を繰り返す人の増加や、死を選択してしまった人の増加でした。そこで私が思ったことは、「私自身が体験したことを伝えるのではなく体験してもらい、人生を楽しんでもらいたい。」でした。

日々のちょっとした有頂天の積み重ねを体験してもらい、ポジティブな思考へとなってもらいたい。との思いから、
株式会社 有頂天 を設立しました。

今後、フィットネス事業(ファディー)を筆頭に、様々なツールを提供し、多くの人が人生を楽しく過ごせるよう貢献してゆきます。

代表取締役